FC2ブログ

演奏者の距離

お互いの音を聴きあっているのにアンサンブルがうまくいかずにズレていることがあります。
  そんな時に「もっと寄り添って」なんていうお決まりの台詞があります。大抵の場合は、お互いのリズムの感じ方を意識し合って近づくような精神的なことを指します。
しかし、もっと簡単にこのズレを解決する方法があります。それは物理的に演奏者距離が離れている場合です。

これは楽器初心者だけの話ではありません。
広い会場では特に、反響した音に合わせて演奏していると徐々に遅れてくるでしょう。
吹奏楽のコンクールなどで広い会場をダイナミックに使っているという演出か、少人数にも関わず演奏者同士の距離が離れていてアンサンブルが難しそうな状態を目にすることがあります。
少し寄り添ってみると互いの呼吸や気配を感じることができるので案外簡単に解決するかもしれませんよ。
何かが近くにいるという気配..
気配は空気の動きで感じているという意味では、音の類いかもしれませんね ^_^
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BrassMusic Hide

Author:BrassMusic Hide
ブラスミュージックネットでは、
ある音楽家が、吹奏楽・ブラスバンドに役立つ管楽器情報情報をお届けいたします。
各楽器のプロからもワンポイントアドバイス、日々の練習のあれこれ、質問にもお応えしていきたいと思っています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR