FC2ブログ

繰り返し リピート記号について

楽譜には何度も同じことを書かないようにしたり形式をはっきりするためにリピート記号(繰り返し記号)を使います。


指定されたところを2度・3度繰り返すだけでなく、記号から記号へワープするようなものもあります。

繰り返し記号をある程度知っているといいでしょう

リピート

リピート記号(左右にあるもの)の中の小節を繰り返して演奏する。
中には3回4回と繰り返しを指定したり、任意の回数を演奏する。

カッコ (1カッコ、2カッコ..)

1回目に1カッコを2回目に1カッコをとばして2カッコを演奏する。
リピート記号と一緒に用いられることがほとんどで2カッコまでではなく3カッコ、4カッコと演奏する場合があります。

ダカーポ

はじめに戻る
この記号がある小節を演奏した後、楽譜の最初にもどって演奏しましょう。

ダルセーニョ と セーニョ

D.S.のある小節を演奏したらセーニョマークのところへ飛ぶ。
ダルセーニョとセーニョはいつもセットで楽譜に出てきます。最初にセーニョマークが出てきますがこれはそのまま演奏を続けて、D.S.が出てきたら、その小節を演奏したあと先ほどのセーニョマークのところへ戻りましょう。

コーダ と トゥ コーダ

トゥコーダからコーダマークへとぶ。
ダカーポやリピートなどの繰り返しの後にトゥコーダからコーダ(終結部)へとぶためのマークです。

フィーネ

そこが曲の終わりになる
映画を見ていて最後に出てくる fin という文字の意味と同じで、これで終わりという意味です。他の繰り返し記号と一緒に用いられて一度目はそのまま演奏、繰り返しの後そこで曲の終止になります。

今回は繰り返し記号の基本を紹介しました。
次回は実践です。
楽譜の例を見ながら、一緒に繰り返しの方法を確認していきましょう



FACEBOOKはじめました
Twitter はこちら

目次はこちら
スポンサーサイト



プロフィール

BrassMusic Hide

Author:BrassMusic Hide
ブラスミュージックネットでは、
ある音楽家が、吹奏楽・ブラスバンドに役立つ管楽器情報情報をお届けいたします。
各楽器のプロからもワンポイントアドバイス、日々の練習のあれこれ、質問にもお応えしていきたいと思っています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR