FC2ブログ

ロングトーン

管楽器の基礎練習に欠かせない練習、
それはロングトーンです

ロングトーン その2
ロングトーン その3

そんなことくらいもうやってるよ・・
という人がほとんどだと思います。
では、どんなことを目的にロングトーンをしていますか?

音程・音色・まっすぐ音を伸ばす練習..
目的は様々です。

しかし、こういった目的をはっきりと持って実現したい音の理想があれば、それは上達の早道になります

ロングトーンのときにチューナーはもちろん、メトロノームも合わせて練習してみましょう

拍感というのは大事な要素です。
音をのばしている間に拍感がなくなってしまうと音楽の緊張感がなくなったり、次に音を出すポイントが分からなくなったりします。

実際に中学の吹奏楽部ではじめたばかりの人、高校生や大学生、それからプロの管楽器奏者を見てきましたがみんなロングトーン練習を大事に取り組んでいます。
もちろんレベルは様々ですが、ロングトーン練習で大事なのは自分の目標をしっかりと認識することです。

今回は数回にわけてロングトーンの練習方法をアドバイスしてみたいと思います。
ロングトーンをやっているけど、これで正しいのかな?と疑問に思っていた人もいるのではないでしょうか?
皆さんの参考になれると嬉しいです。

第一回は..

・身体を自然に使うこと
・楽器を鳴らすこと

(チューナーとメトロノームを使いながら)

たくさんの事を考えながらロングトーンするので音程のこともしっかり考えなければなりませんが、まずは力まないでmfで練習してみましょう。

音程はもちろん気にしなければならない要素です。
しかし音程を気にしすぎるあまり、音が苦しく口で調整し過ぎていませんか?
まずはストレスなく楽器に息を入れることから始めましょう。

音程が高すぎる場合
口に力が入りすぎていませんか?
口の筋肉をリセットするために口を楽器から外してリラックスして、もう一度アンブッシュアを作り直しましょう。

音程が低すぎる場合
お腹できちんと支えられていますか?
息のスピードは遅すぎませんか?

(ロングトーン練習は毎日の練習でも一番最初に取り組むのをオススメします。
スポーツ選手がウォーミングアップをするように)

毎日のコンディションや、日々の音色の変化にも敏感に気づくことができます。

また、はじめたばかりの人は演奏するときに関節や筋肉を使うを自由に使う姿勢を身につけることで少しづつ慣れてくると思います。

姿勢について
姿勢について 2
姿勢について 3


こちらを参照してください。

楽器をならすことについてですが、一つの音をロングトーンしているときに同じ運指で様々な条件(姿勢、呼吸、アンブッシュアなど)を変化させると音量や音程もともなって変化すると思います。その時に一番楽器に息が入って一番響きが厚くなるポイントがあると思います。
それはひとつづつ音程によって異なり、人によってもポイントは異なります。

自分の一番良いポイントを覚えて、いつでもその最適な状態を目指すように意識して演奏しましょう。

あなたの一番リラックス出来る姿勢を探してみましょう。
今の倍は楽器を演奏するのが楽しくなるでしょう


FACEBOOKはじめました
Twitter はこちら
スポンサーサイト



プロフィール

BrassMusic Hide

Author:BrassMusic Hide
ブラスミュージックネットでは、
ある音楽家が、吹奏楽・ブラスバンドに役立つ管楽器情報情報をお届けいたします。
各楽器のプロからもワンポイントアドバイス、日々の練習のあれこれ、質問にもお応えしていきたいと思っています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR