FC2ブログ

iPadを使って演奏してみました。

iPadの譜面で演奏をする人が増えてきました。私もその一人なのです。
たくさんの方々からその使い勝手を訊かれるので実際に1年ほど使ってみて感じたことをまとめてみました。


まずは良いと思う点から..


たくさんの楽譜を持ち運ぶことができる。
家中の全部の楽譜を持ち運ぶ必要なんてありませんが、ちょっとやってみようかとか出かける前の準備入らずで便利です。

ペダルを使用すると両手がふさがっていても譜めくりできる。

ちなみに私はAirturn を使用しています。慣れれば自分で設定して(2ページめくるなど)色んな工夫ができます。


もっとシンプルで安価なペダルもあります。チェックしてみてください。

AirDrop(エアドロップ)を使えば他の端末に一瞬で送れる。
(便利ですが楽譜はきちんと購入しましょう)

Apple pencilと併用で原本を汚すことなく書き込みできる。


これはかなり便利です。ちなみにiPadのただのメモ帳でもApple pencilを使えばここまで絵が描けます。絵が好きな人にもおすすめです。


ちなみにApple pencilには第一世代と第二世代があるので詳しくはこちらでチェックしてみてください。

続いて、使用してみて分かったこと..

長時間の使用で目が疲れる。
(長時間の練習の時は紙の譜面でやっています。)
ペダルは慣れることが必要。
2度踏んでしまったり。個人的には床に置いたリードケースと勘違いして踏んでも踏んでもページがめくれなかった(当たり前。。)こともあり 苦笑
100%フリーズしない!とは言い切れない。
個人的にはフリーズしたことはないですが、知人から本番での恐ろしいエピソードを聞かされることが時々あります。
『色んな可能性があるので自分に合ったスタイルが見つかると良いですね!』
スポンサーサイト



演奏者の距離

お互いの音を聴きあっているのにアンサンブルがうまくいかずにズレていることがあります。
  そんな時に「もっと寄り添って」なんていうお決まりの台詞があります。大抵の場合は、お互いのリズムの感じ方を意識し合って近づくような精神的なことを指します。
しかし、もっと簡単にこのズレを解決する方法があります。それは物理的に演奏者距離が離れている場合です。

これは楽器初心者だけの話ではありません。
広い会場では特に、反響した音に合わせて演奏していると徐々に遅れてくるでしょう。
吹奏楽のコンクールなどで広い会場をダイナミックに使っているという演出か、少人数にも関わず演奏者同士の距離が離れていてアンサンブルが難しそうな状態を目にすることがあります。
少し寄り添ってみると互いの呼吸や気配を感じることができるので案外簡単に解決するかもしれませんよ。
何かが近くにいるという気配..
気配は空気の動きで感じているという意味では、音の類いかもしれませんね ^_^

ハーモニーディレクター

先日の記事でご紹介した東京音楽大学の授業「バンドディレクション」でハーモニーディレクターのお話がありました。
ざっくりというと、ハーモニーディレクターは教育の現場や吹奏楽の合奏などで電子音を使って学生たちに色んなことを音で提示できる鍵盤型の便利なマシンです。

そんなハーモニーディレクターは今やほとんどの学校が使っています。
個人的には電子音を使って提示することに反対だったのですが、お話を聞いている間に考え方が少しづつ変わってきました。
先生がしきりにおっしゃっていたのは、少しづつハーモニーディレクターから離れていくということでした。
補助輪を外して自転車に乗れるようになるように、音程やリズムに対する感覚がある程度養われてくるとハーモニーディレクターなしで演奏できるようになる必要があります。
(コンサートではハーモニーディレクターを使いませんからね)
具体的にどんなことが合奏の場で有効なのか、一部を紹介すると..


1.純正律を体験できる。
核になる音を元に3度や6度などで純正律の美しい響きを体験することができます。
純正律でハーモニーを奏でるためにプロでも注意します。しかしながらプロには瞬時にして自分の音程と相手の音程を聴いてどうするべきなのか判断するチカラがあります。

しかし、楽器をはじめて数年また数ヶ月の学生たちにとってはどうでしょうか。ロングトーンをまっすぐのばすことも困難な状態では3度どころか、同じ音程でも合わせることは難しいです。しかし、そんな彼らにも純正律の響きを体験したり、指標として実際に音を聞くことができるのは利点だと思いました。


2.リズムを鳴らすことができる。
テンポが定まらないときにメトロノームとして活用することはもちろん、リズムを組み合わせることができるので、ささっとインプットして苦手なリズムを練習することができます。
などなど..

他にも便利機能はたくさんあるわけです。


興味のある方はこちらをどうぞ⬇︎



注意点はスピーカーなどで音を増幅する場合は、その近くに学生たちが座って耳に直接大音量
使い方によって薬にも毒にもなるハーモニーディレクターのお話でした。

自分の音で奏でよう!ベルリンフィル ホルン奏者

おもしろそうな本を見つけたので紹介します 
著者はベルリンフィルで30年以上にわたりホルン奏者を務めた一流の奏者ですが、すべての楽器に言えることが書いてあるようで興味津々です。
実はまだボクは読んでないのですが、とてもおもしろそうなのでぜひ読んでみようと思います。



自分の音で奏でよう! ベルリン・フィルのホルン奏者が語る異端のアンチ・メソッド演奏論
ベルリン・フィルで30年以上にわたりホルン奏者を務め、世界各国の若手音楽家の育成に尽力してきたファーガス・マクウィリアムによる画期的提言。
演奏の上達に本当に必要なことは何か?
従来の因習的な指導法の問題を突き、経験に裏打ちされた本質的・実践的な独自のアプローチを語る。
【「ホルン界の異端児」への賛同の声、続々! 】
"すごい! のひと言。言いたくても表現できないでいたことが、全部言葉にされている! "
"大学入学したての頃にこの本と出会いたかった! "
"ホルンに関する文献に、重要な書物が新たに加わった。 金管奏法のカリスマ指導者、アーノルド・ジェイコブズを信奉する人々もぜひ一読すべきだろう。"
+ + +

「……実践編においては、奏法に関する詳細な説明はほかに類を見ない。
とりわけ、呼吸法に関する記述でかつてこれほど細部に渡って説明された書物があっただろうか?
我々が薄々と感じていながら、言葉にできなかった事柄を、彼は次から次へと明快に言葉にしていく。
どのページを開いても、彼の言葉は自信に溢れている。これまでの因習的な教授法や、練習法、演奏法、さらに人間関係にまでアンチテーゼを投げかける。世界のホルン界で先陣を切った、勇気ある発言というべきであろう。
本書は右手の使い方など、ホルンの奏法における一部の専門的な記述を除いては、ホルンのみならず、あらゆる楽器の演奏家、音楽学生、音楽教師、音楽愛好家を、その新しい考え方で、実践的、そして哲学的に導いてくれる必読書であるといえる。」
(中島大之)――監修者解説より抜粋
+ + +

出版社からのコメント
【目次】
●第1部―観念的な問題と人間関係
第1章 人間関係と異端的考え方
1.1 真理と異端
1.2 なぜ教師が必要か?
1.3 承認と権限
1.4 異端:あぶない言葉と危険思想
第2章 マインドゲーム、考え方、戦略
2.1 練習:依存症、罪悪感、マゾヒズム(「肉体の酷使」)
2.2 変化に対する恐れ
2.3 ウォーミングアップという幻想(異端論―禁句)
2.4 ホルン性難聴
2.5 卵(ピーター・センゲばりに)
2.6 木を見て森を見ず
第3章 相対性ホルン論
3.1 状況判断
3.2 ロビン・フッド――ある逸話から
3.3 炎と光――イメージしてみよう
3.4 音vs.音楽?
3.5 正しい右手の位置
3.6 金管らしさ
3.7 単語ゲーム
第4章 プレッシャー
4.1 注目を浴びる
4.2 殻を脱ぎ捨てる
4.3 「ライト・スタッフ」(野望、情熱、欲求)

●第2部―実践編
第5章 お待ちかねの……技術的な問題
5.1 アンブシュア
5.2 呼吸法――吹くことについて知ろう
5.3 上吹きと下吹き
5.4 正真正銘役に立つ、効果的なエクササイズ
第6章 オーディション
6.1 理想の手段ではないけれど
6.2 オーディションのタイプ
6.3 音楽的なこと以外で役に立ちそうなヒント
6.4 オーディションの真実をめぐる10の戦術
エピ/プロ/ローグ
謝辞
参考文献
監修者解説 中島大之(国立音楽大学教授)

(amazon より)
ホルン奏者はもちろん管楽器奏者、音楽家にとって有益な言葉の数々。ありがたいです
あなたの演奏を助けるヒントが何か見つかるかもしれませんね 

チューバおすすめの教則本

アンサンブルを低音で支える金管楽器チューバ。
伴奏ばかりでなく時には技巧的な旋律もでてきます。
ここでは、初心者の方のための取り組みやすい本や練習曲、それからもっと上達したい方のための教則本を紹介しています。
参考にしてみてくださいね🐋


チューバの教則本

チューバを演奏するにあたっての基本知識や練習を知りたい方へ


うまくなろう!テューバ
吹奏楽で演奏されている方へ



練習曲集 etc.

アーバン 最初の年と2年目
トランペット、トロンボーンなど金管楽器の練習曲の定番「アーバン金管教則本」のチューバ版です。
チューバ用に抜粋した内容です。

ブラゼヴィッチ チューバのための70の練習曲集 第1巻/ロバート・キング社

コプラッシュ 60の練習曲
金管楽器奏者が練習するポピュラーな教則本のチューバ版です。
専門的に学ぶ方はもちろん、基礎や上達には欠かせない一冊です。
音大入試レベルの教則本

ボルドーニ 43のベルカント練習曲
音楽大学の入試課題になったり、コンクールの課題になったりするチューバの登竜門的教則本。

ボボ マスタリング・ザ・チューバ
世界的チューバ奏者 ロジャー・ボボ氏によるメソッド。
日本語訳がつきました。
ここで紹介しきれなかった教則本もたくさんありますが、参考にしてみてくださいね。
楽しく練習して上達できますように🐸
プロフィール

BrassMusic Hide

Author:BrassMusic Hide
ブラスミュージックネットでは、
ある音楽家が、吹奏楽・ブラスバンドに役立つ管楽器情報情報をお届けいたします。
各楽器のプロからもワンポイントアドバイス、日々の練習のあれこれ、質問にもお応えしていきたいと思っています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR